教材買取のポイント

ビデオテープの扱い

今では流通量の少ないビデオテープ。。


最近はCDやDVDが資格教材に付属されることが多くなりましたが、ビデオテープが付いてくることもあります。ビデオテープの場合、買取に出す前に再生してみましょう。これは画質や音声が正常に機能するかどうか確認するためです。

ビデオテープは何度か再生したが、丁寧に取り扱っていたし大事に保管していたから品質は心配ないだろうと考えている方もいらっしゃいますが、ビデオテープは1度でも再生すると長期間の保存中に少しずつ劣化するものなのです。保存方法によってはカビが生じてしまったり、テープその物が劣化している場合もあります。

資格教材買取に出す前にテープの状態をよく見ておきましょう。 以前どこの家庭でも気軽に使われていたビデオテープは、CDやDVDが普及するまでは資格教材の付属品としての出番も多いものでした。ビデオテープにカビが生じると白い粉が付着しているのが目で確認できるのですが、白い粉が付着していたら、再生はやめておいた方がいいと思われます。

もし、デッキに入れてしまうとデッキがこわれてしまう可能性が高いからです。この場合は絶対に再生して確認しようと考えてはいけません。 残念ながらビデオテープにカビが生じている場合、ビデオテープは欠品ということになります。そして、買取価格も安くなってしまいますがそれは仕方ありません。

ビデオテープはずっと保管しっぱなしだけれど、最初に購入した時から少しも開封していないのであれば、品質は保たれていますので確認しなくてもOKです。開封をしないままで買取価格も思い通り、高額で取引することが出来るでしょう。

ページのトップへ戻る