教材買取のポイント

発送の際の注意点

発送するときに注意してほしいこと


資格教材と一口に言っても非常に様々な種類があります。いくつも通信教育で勉強したので家には教材が沢山あるという方もいらっしゃいます。買取をしてもらいたいが、資格教材の数が多い場合は梱包して買取業者に発送し、引き取ってもらうことになります。ですから、梱包にはいろいろな場面を考慮して気を配ることが必要です。

忘れがちな雨天の状況についても対策を練っておくことをおすすめします。 一年の中でも雨の多い梅雨に教材買取を依頼することになったら、梱包は入念にしましょう。というのは教材を雨の中持ち運ぶことになりますから梱包の内部に雨が浸みるかもしれないからです。

今時の段ボールは比較的丈夫にできていますので、ちょっとの雨で水が浸み込むことはないと考えられますが、梅雨や台風などの大雨では浸み込んでしまうかもしれません。 ですから、もし、雨降りの日に資格教材の発送をしなくてはならないのでしたら教材にあらかじめビニールをかぶせてから段ボールで梱包すると良いのです。

そうすれば、雨水のことで何も心配しなくて済みます。 最近は宅配業者が宅配中の商品破損について、保障するサービスを行っているところもあります。少しでも資格教材を高値で査定してもらいたければ宅配中の破損は避けたいものですが、万が一の場合に備えて、保障をつけてくれる業者の宅配を利用するのがいいでしょう。

それでも、最初の梱包が問題で破損してしまったというのなら、それは保障の対象にはなりませんので十分気をつけましょう。

ページのトップへ戻る